カオハキ

日記

アボカド解決編

アボカドを買いました。

f:id:k_hirosuke:20181103234858j:plain

アボカド

アボカドを買ったのには、わけがあります。

 

僕は、アボカドが何なのか、よくわからないまま今日まで生きてきました。

食べる機会は何度もありました。ハンバーガーに挟まっていたり、サラダに入っていたり、様々な場面で、僕はアボカド入りの料理を頼んできました。

つい先日、パンケーキを初めて食べたという日記を書きましたが、実はそのあと、クレープも食べていました。頼んだクレープは、ハムとマヨネーズとアボカドが入ったやつでした。僕は自らの意志で、数あるクレープの中からアボカド入りのやつを注文したのです。理由は「なんかうまそうだから」です。アボカドには、「なんかうまそうだ」と思わせる力があります。僕はその力に引き寄せられるように、アボカド入りクレープを頼みました。

でも、食べてみた感想は、「よくわからんな」というものでした。ハムとマヨネーズが美味しいとは思いましたが、アボカドに関しては、「よくわからんな」としか感じられませんでした。何しろ味が無いし、匂いもないし、触感もあるのかないのかよく分からない感じだからです。

ずっとそうでした。アボカド料理を見かけるたびに注文しては、「よくわからんな」と首をかしげて去っていく。僕はそんなわけのわからない客でした。僕とアボカドの距離は、初めて会った時からひとつも縮まっていません。何度も理解しようとして、でもできなくて、「なんかうまそうだ」というオーラだけは何故かずっと漂っている。それが僕にとってのアボカドでした。みんなおいしいって言ってるけど、本当にわかってる? うまそうなオーラに騙されてない? そんな疑問を抱き続けてきました。

アボカドが「森のバター」と呼ばれて栄養価の高さを注目されているというのも気になっていました。みんなが栄養に踊らされてるんじゃないかと、そう疑っていました。もしアボカドがきゅうり並みの栄養価だったとして、今の地位を築けたのかと、問いかけたい思いでした。きゅうりはその点すごいです。栄養がないと蔑まれながらも(実際はそうでもないらしいですが)、あらゆる料理で登場して、みんなに愛され続けています。アイドルマスターの10thライブでは、きゅうりの一本漬けがキャスト陣に非常に好評だったと聞きます。猛暑の西武ドームでは、美味しく水分・塩分補給できる手段としてきゅうりが重宝したそうです。栄養という武器を奪われたアボカドに、果たして同じ芸当ができるでしょうか。アボカドの一本漬け、できるもんならやってみろ! 僕はキレていました。

 

でも、キレたところでアボカドは揺るぎません。僕が空しくなるだけです。

なので、そんな生活に終わりを告げるため、僕はアボカドを買いました。

何かの付け合わせじゃない、本来の、むき出しのアボカドに触れれば、ずっとわからなかった何かがわかるかもしれない。そう考えたのです。アボカド専門店に行くことも考えましたが、調べたら結構遠かったので、自分で料理することにしました。

アボカドの食べ方として、刺身が有名だと聞きました。スライスしたアボカドにわさびと醤油をつけて食べるというシンプルなものです。これはごまかしの利かない調理方法なので、アボカドも逃げられません。ずっと名脇役を気取っていたアボカドを、主役の舞台に引きずり出してみせる、そういう意気込みで調理を始めました。

f:id:k_hirosuke:20181104001131j:plain

二つにカットされたアボカド

事前に動画をみて勉強したので、アボカドの切り方はばっちりです。すぐに調理は終わり、実食に移りました。

f:id:k_hirosuke:20181104002519j:plain

アボカドの刺身

結論を言うと、めっちゃ美味しかったです。

一口目を食べた瞬間から、「なるほどね!」と思いました。全部わかりました。こんなにすぐにわかると思っていなかったので、完全にやられました。醤油の味とわさびの刺激をアボカドがクリーミーに仕上げていて、抜群の相性の良さを感じました。「アボカドに醤油とわさびをつけるとトロの味がする」と聞いたことがあって、「馬鹿か」と思っていましたが、確かにそんな味がしました。馬鹿は僕の方でした。

これがアボカド。僕は「よくわからんな」と思っていましたが、実は気付いていなかっただけで、アボカドはずっと美味しかったのかもしれません。

今回の経験でアボカドの良さを理解できたので、これからは真正面からアボカド料理を楽しめるはずです。買ってよかったです。