カオハキ

日記

蓋の重み

去年の初めごろに「ピアノを買った」ということをお伝えしました。

段ボール集積所になっていたのを片付けて、これからがんばるぞ!という内容だったかと思いますが、実はあれからほどなくして、ちょっといいピアノに買い換えました。

 

ちょっといいピアノには、鍵盤を押す強さに応じて音のデカさが変わる機能(タッチレスポンスといいます)がついていて、これがあるのとないのとじゃ大違いだ!という声をどこかで見かけたので、「全然違うのか……」と鵜呑みにして欲しくなってしまったのです。タッチレスポンスがない奴で練習しても本当の演奏力は身に付かないから意味ないよ、という意見もあって、前のピアノで練習する気が一気に失せたのも覚えています。なので、大して上達していないタイミングで速やかに買い換えました。

 

そんなわけで買い換えたピアノを使ってみた感じ、タッチレスポンス機能は楽しいのですが、わざわざ買い換えるほど重要だったのかと聞かれると、それは「わからない」と答えるしかありません。それが何故かは、この画像を見てもらえればわかると思います。

https://www.instagram.com/p/BgY7SiMl1fD/

購入したてのころはちゃんと練習していたと思うのですが、いつの間にか、蓋を開ける機会は少なくなり、閉じられたピアノは物を乗せるのに最適だったので、自然な流れでこうなりました。

購入時、「蓋が付いてるから鍵盤にホコリが積もらなくていいじゃん!」とご機嫌だったのですが、まさかホコリ以外のものがこんなに積もるとは思っておらず、一本取られました。こうなってしまうと、練習する前に「片付ける」という別のハードルが生まれてしまい、ここ数ヶ月は仕事が忙しかったのもあって完全な放置状態になってしまいました。

 「またか」と言われそうだし、もうダサいとかそういう次元じゃないのも自覚していたので、今日までここに書けませんでしたが、公開して自分を追い込まないと蓋の重みはどんどん増していく一方だと焦り始めたので書くことにしました。 なので、今日、今から片付けます。とりあえず、今日は片付けるところまでで済ませておきますが、蓋が開けられるようにさえなれば、あとはこっちのものです。これから上達して、タッチレスポンスの重要性にも気づいていきたいと思います。